NHK Eテレ「グレーテルのかまど 内田百閒のシュークリーム」を見た

NHK Eテレ「グレーテルのかまど 内田百閒のシュークリーム」を見ました。たまにしか見ない番組ですが、今回は録画して見ました。

 

ストーリー | NHK「グレーテルのかまど」

 

 

 

 

グレーテル (番組には登場しない) が台所の黒板に書いた「内田百閒おもろい! シュークリームも出てきた。 食べたい! グレ」という言葉から、シュークリーム作りが始まります。

その間に百閒とシュークリームにまつわる逸話、「ティーブレイク」の小話などを挟んで、百閒が愛したシュークリームを再現していきます。

その中で面白いなと思ったエピソードを紹介します。

シュー皮を作りながら「百閒が食べたシュークリームはどんなものだったのか」という話題になり、随筆の一節

 

「…シユークリームを貰つて、そつと中の汁を啜つた…」
中公文庫「御馳走帖」p106「シユークリーム」

 

から、柔らかいカスタードクリームを作ることになりました。

世田谷にある洋菓子屋さんには、職人さん (87歳) のお父様が明治時代に書いたレシピが残っていました。防空壕の中から見つかったそうです。
そのレシピによるシュークリームの再現があったのですが、明治の「外はさくっ、中はふわっ、中身はカスタードクリーム」のシュークリーム、食べてみたいです。

途中で「どんなシュークリームが好きか、銀座の女性100人に聞いてみました」という街頭インタビューがありました。
「柔らかい皮にカスタードクリーム」「柔らかい皮にカスタードクリーム+生クリーム」「硬い皮にカスタードクリーム」「硬い皮にカスタードクリーム+生クリーム」の4種の人気投票です。

結果は

  • 柔らかい皮+カスタードクリーム→12票
  • 柔らかい皮+カスタードクリーム+生クリーム→21票
  • 硬い皮+カスタードクリーム→32票
  • 硬い皮+カスタードクリーム+生クリーム→35票

ちなみにわたしは「硬い皮+カスタードクリーム+生クリーム」が好きです。一番よく食べるのは、サークルKサンクスで売っているパイ皮のシュークリームです。

昔何度かシュークリーム作りに挑戦したことがありますが、皮を焼くのが難しい。失敗した記憶しかありません(^^;

番組を見終わってから、改めて随筆「シユークリーム」を読んでみました。文庫本で2ページにも満たないのですが、読めばシュークリームが食べたくなります。「御馳走帖」はそんな話が多く、危ない本ですw
この番組は過去にも文豪が何人も紹介されていますが、今回は百閒先生で特に楽しかったです。
番組冒頭で「百閒っていったい何者?」ってナレーションがあったように、確かに一般に広く知られている人ではないかもしれないけど、怖い句手不思議な小説、楽しい随筆、どちらも読んでいてとても楽しい。

ところで「グレーテルのかまど」のレシピが本になったんですね。

 

御馳走帖 (中公文庫)
御馳走帖 (中公文庫)

posted with amazlet at 12.11.09
内田 百けん
中央公論社
売り上げランキング: 10732

 

あの人が愛した、とっておきのスイーツレシピ
大和書房
売り上げランキング: 3855

 

タグ :

“NHK Eテレ「グレーテルのかまど 内田百閒のシュークリーム」を見た” への0件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です